mn3796

記事一覧(12)

タイプの知恵を活動の質向上に活用していますか?

タイプの知恵を日常の活動の質向上に使っていますか?私は個人セッションやグループ活動の中で、「ああ、この人はきっとタイプ〇にちがいない!!」と思いながら接したり、ファシリテーションを行う、ということを行なっています。相手を知る、ということに、エニアグラムをよく活用します。しかし、自分自身のこととなるとどうだろう、とふと思います。自分のタイプのくせは、無意識であることが多いです。私の「タイプ6」のくせは、チームがうまくいかないことにイライラし、そのリーダーの言動や行動が気になりだし、「こうしたらいいのに」とか「これだからだめなんだ」と、必要以上に思考をめぐらせたり、そのことを口にだしたりするところがあります。そのくせが出ているときは、自分ではチームに対する正義感や責任感、誠実さという自分自身の大切にしたい価値観が、過剰になっている、という時なのですが、そのくせは、自分の無意識の価値観に基づいているので、簡単には修正できません。タイプ6にとっては、それがほんとうに大切だし、人に譲れないこだわりでもあるのです。ただ、そのことが「うまくいかない」のはタイプのやりすぎから来ている、ということが自覚できたとき、自分の無意識の衝動を客観視して、調整することができます。このことを覚えてから、私は各段に活動の質が向上した、と感じます。各タイプには、それぞれの「活動の質向上」のための調整どころがあります。7月11日に開催するオンラインの研究会では、タイプ3の「活動の質向上策」を考える予定にしています。タイプ3の方はもちろん、身の回りのタイプ3について考えたいという方、ぜひご参加ください。(下記リンクの申込フォームからお申込みください)

無意識の意識化

昨日は「ビジネスエニアグラムオンライン定例会」第1回を開催しました。この定例会は月1回開催。毎回タイプをひとつとりあげ、そのタイプについての理解を深めつつ、タイプの特徴として現れる思考・行動について具体的に検証し、「問題」「課題」のもととなる困った思考・行動をどうやったら変えられるのか、そんな実践へのヒントを考えていきます。昨日の初回に扱ったタイプは「タイプ6」タイプ6は、はっきりいってわかりにくいんです。私は自分のタイプであるタイプ6のことが、実はいまだによくわかりません。タイプ6は誠実で責任感が強いといわれますが、他人からの要求や与えられる役割に対して果たそうという意識が強く、自分の要求や自分自身のとりたい役割に対して無自覚なところがあります。そして、周囲からの期待に応えていないのではないかという「不安」が進むと、自分のニーズと他人のニーズがごちゃまぜになり、パニックに陥ります。今回の研究会では、そのタイプ6の「不安感」について少し掘り下げてみました。タイプ6の不安には、将来に対する不安、わかってもらえていないという相手の理解への不安、やるべきことをやれてないんじゃないかという自分に対する不安、それから自分の期待に周囲が応えてくれないという不安、などといったものがあります。そこにはまず自分なりの「枠組み」があり、その枠組みが脅かされたり、枠組みからはずれた反応や環境があると、不安に陥りやすいといったことが、共有されました。

ワークショップのご参加ありがとうございました

「ビジネスエニアグラムワークショップ」の記念すべき第1回が終了いたしました。「ビジネスエニアグラム」は中島の長年の思いの結晶だった、、、ということを、今回ワークショップを実施してみてあらためて実感いたしました。エニアグラムを日本の多くの企業に届け続けてきた木村孝さんとのコラボレーションは、ここに第一歩を踏み出せた、という充実した思いです。まずは、今回のワークショップに参加してくださったみなさんに深く感謝したいと思います。「ビジネスエニアグラム?何それ?」という感大あり(?笑)の中、年度末の忙しいだろう土日をフルで割いて参加してくださったみなさまには、本当に感謝しかないです。また、今回のワークショップの原点は、2013年から実施していたFAJのエニアグラム定例会の実施にあります。ここでエニアグラムとファシリテーションをどうつなげるか!の探求をご一緒いただいた、ファシリテーション協会の「エニアグラムチーム」をはじめ、支えてくれた多くの方々のご支援ご協力の賜物です。ほんとうに感謝です!!そして今、この大きな一歩を踏み出すところに一緒に手を携えてくれている、熊本のにいみさん、金沢の村木さんの、精神的物理的に支えてもらっているおかげだなあと、ほんとうに感謝です。ありがとうございます。ビジネスエニアグラムは、趣旨に共感してくださる仲間とともに創り上げていく活動です。まだまだよちよち歩きが始まったばかりですが、きっと実のある活動にしていきます。ぜひ「いっしょにやるよ~」と言ってくださる方を今後募集していきます。(中島)

説明会を開催します

「ビジネスエニアグラム・ワークショップ」の内容をご紹介する説明会を開催します。「ビジネスエニアグラム」は、日常のあり方を自分自身のエニアタイプから見直してみることで、仕事や生活に違いを作っていくプログラムです。自分自身の本質との出会いは、生まれながらにして持つエネルギーの自然な使い方を教えてくれます。また、そのエネルギーの使いすぎている時の自分自身の無意識な行動も、深い部分で理解することができます。たとえばファシリテーターとして行動する時の自分自身の自然なあり方や、難しい局面における対処法に気づくことができます。そんなビジネスエニアグラムの内容をご紹介する説明会を下記日程にて開催いたします。この機会にぜひビジネスエニアグラムの効果について実感ください!【ビジネスエニアグラム説明会】日 時: 2018年3月6日(火) 19:00~20:30会 場: フォーラムエイト 804会議室 http://www.forum-8.co.jp/access講 師: 木村 孝内 容: 「ビジネスエニアグラム」体験(エニアグラムとは何か、エニアグラムのビジネスにおける活用事例紹介、など)申込方法: 下記あてに「説明会参加希望」としてメールにてご連絡ください。詳細をご案内させていただきます。申込先: 中島(miake@dance.plala.or.jp  090-4739-4363)     

エニアグラムはダイバーシティ&インクルージョンを進める

ビジネスエニアグラム・ワークショップ(ベーシック@東京)を開催します